取扱商品

このホームページは概要を説明したものです。ご契約にあたっては必ず各社商品パンフレットおよび「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をあわせてご覧ください。また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意していますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社にお問合わせください。

くるまの保険

くるまの保険は、法律で加入することが義務付けられている自賠責保険と任意に契約する自動車保険に大別することができます。

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠法)という法律で、原則として、すべての自動車が加入することを義務付けられています。しかしながら、この法律は自動車の運行によって生命または身体が害された被害者の執事イラスト保護を目的としているため、人身事故による賠償損害についてのみ、一定の限度額内で補償します。

したがって、自賠責保険では補償されない損害については、任意の自動車保険で備える必要があります。

それゆえ、自賠責保険と任意の自動車保険は車の両輪といわれるのです。

なお、任意の自動車保険は、他人への賠償(対人・対物)、ご自身や同乗者のケガの補償、車両の損害の補償など、各種の組み合わせにより構成されています。

火災・地震保険

火災保険は、「火事で家が焼けてしまったとき」だけではなく、落雷、破裂・爆発、台風などの損害も対象としています。さらに、水災や盗難などの損害まで総合的に補償するものもあります。

また、火災保険では、これらの事故による直接的な損害のほか、保険事故の際に生じるさまざまな費用についても補償の対象としています。例えば、火災で家が焼けてしまったことによってアパートなどに引っ越すための費用など臨時に発生する費用や、焼け跡を片づけるためにかかる費用、さらに近所へのおわびにかかる費用なども、一定額を火災保険で補償することができます。

(補償内容は、引受保険会社の商品により異なります。)

なお、自然災害のうち、地震、噴火またはこれらによる津波によって生じた損害は地震保険で補償され、火災保険では補償されません。

けがの保険

傷害保険は、「ケガ」による死亡・後遺障害、入院、手術、通院などに対して保険金をお支払いする定額給付の保険です。

「ケガ」とは、身体に損害を受けることをいいますが、傷害保険では、「急激かつ偶然な外来の事故」によって被保険者が身体に損傷を受けた場合に限って、保険金をお支払いします。したがって、急激性・偶然性・外来性のない事由による身体の損害に対しては、保険金は支払われません。

例えば、傷害保険では、外部からの水・煙・ガスによる溺死・窒息死・ガス中毒死は、外傷がなくても、急激性・偶然性・外来性のある事故による傷害として、保険金をお支払いします。ただし、細菌やウイルスによる食中毒は傷害に含まれず、保険金をお支払いできません。(一部、特約により対象となるものもあります。)

生命保険

生命保険は、人の生命や病気・ケガにかかわる損失を保障とすることを目的とする保険です。

生命保険の主な機能には、万一の場合の死亡保障、病気やケガの入院費用や治療費用に対する保障、当社でご相談が多い介護保障、子供の教育資金や老後の生活資金といった長期的な貯蓄機能があります。

これらの機能のうち最も重視されるのは、年齢性別により多少異なりますが、弊社へご相談に来られるお客様の中では「医療保障」がトップとなっています。

《医療・がん保険》

医療保険は、傷害や疾病による入院や手術などの場合に、公的医療保険では賄えない経済的リスクに備える保険です。医療技術の進歩に伴い、先進医療の技術料やがんの外来治療(通院)などにかかる費用を保障するタイプのもの、また、がんを治療するための保障に特化したがん保険もあります。

保険期間については、一定の保険期間を定めた定期タイプと一生涯保障する終身タイプがあります。

国内・海外旅行

旅行保険は、被保険者(保険の補償を受けられる方)の旅行行程中に生じた事故による傷害死亡、傷害後遺障害のほか、救援者費用、賠償責任、携行品などの損害を補償する保険です。海外旅行保険は、傷害治療費用、疾病死亡や疾病治療費用なども補償します。

なお、旅行行程中とは、被保険者が旅行の目的のためにご自宅を出発されてからご自宅に帰着するまでの間のことをいいます。例えば、海外旅行のために、ご自宅を出てから空港に向かうまでの道のりも海外旅行行程中となります。